第2回口丹波小中学生将棋名人戦

平成21年4月26日(日)、南丹市園部公民館3F中研修室において、第2回口丹波小中学生将棋名人戦を開催しました。

開会式 開会式

昨年の第1回大会では小学生将棋名人戦と銘打っていましたが、中学生の参加も多かったため、今大会は最初から小中学生将棋名人戦として、口丹波地域(南丹市・亀岡市・京丹波町)の小中学生棋士を対象として開催しました。1〜3年生の部、4〜6年生の部、中学生の部の3組に分け、今年高校生になった一人もオープン参加という形で中学生の部で対戦しました。

1〜3年生の部表彰式 4〜6年生の部表彰式

受付開始は午後12時半、開会挨拶の後1時過ぎから対戦が始まり、1〜3年生の部が5人、4〜6年生の部が7人、中学生の部がオープン参加の高校生を含めて4人、計16人が熱戦を繰り広げました。

中学生の部表彰式 記念写真

結果、1〜3年生の部優勝は羽野直樹君(南丹市立新庄小2年)、4〜6年生の部優勝は中東佑真君(亀岡市立安詳小6年)、中学生の部優勝は高山徹君(亀岡市立大成中2年)でした。

第1回大会に比べて、全体的にレベルアップが見られました。今後の口丹波の少年棋士の活躍や将棋文化の発展につながっていく大会であったと思います。

平成21年4月27日記

戻る

Copyright(c) H16〜 TANBA RAKUICHI. All rights reserved.

アクセスカウンタ