南丹将棋同好会

アクセスカウンタ

H16・08・01 開設

English

南丹将棋同好会

南丹将棋同好会は、京都府南丹市に本部を置く将棋同好会です。設立は平成16年8月、当時は園部将棋同好会として結成しました。平成18年1月1日の南丹市誕生に伴い、名称を南丹将棋同好会に改め、新たなスタートを切りました。南丹市及びその近隣地域の将棋愛好家の親睦と実力向上を図ると共に、子供たちに将棋文化を継承することを目的として、活動しています。

南丹将棋同好会ではメンバーを募集しています。有段者クラスの実力者もいますので、初心者の指導もします。合言葉は「目指せ、全員アマ初段!」。南丹市以外の方も大歓迎です。例会への参加希望者は南丹将棋同好会事務局か、メンバーの誰かにご連絡下さい。当日の飛び込み参加や見学もOK。

南丹将棋同好会事務局へのメールはこちらから

南将掲示板

南丹将棋同好会の掲示板です。将棋の話やそれ以外の話題など何でもご自由に書き込んで下さい。良識に欠ける書き込みは削除します。

南将掲示板はこちらから

将棋ニュース

■第37期棋王戦第4局。郷田九段が3勝1敗で棋王位奪取。久保九段は無冠に。

詳細は中継サイト

■第61期王将戦第4局。佐藤九段が4勝1敗で王将位奪取。

詳細は中継サイト

将棋マンガ紹介

■羽海野チカ『3月のライオン』

3月のライオン第1巻 3月のライオン第2巻 3月のライオン第3巻 3月のライオン第4巻 3月のライオン第5巻
3月のライオン第6巻 楽天市場でお買い物

▼作品紹介

桐山零、C級1組五段17歳、職業プロ棋士。家族を亡くし、師匠の家に引き取られるが、師匠の実子より強くなってしまったことから、そこを出て天才少年棋士として活躍しながら、孤独を癒してくれる居場所を探していた……。

『ハチミツとクローバー』の作者が東京の下町佃島近辺を舞台に描くセンシティブな将棋マンガ。将棋監修の先崎学八段が「先崎学のライオン将棋コラム」を書いています。

「第4回マンガ大賞」受賞。

『3月のライオン』は「ヤングアニマル」で連載中。コミックスは白泉社ジェッツコミックスから現在第6巻まで刊行されています。

■南Q太『ひらけ駒!』

ひらけ駒!第1巻 ひらけ駒!第2巻 ひらけ駒!第3巻 ひらけ駒!第4巻 ひらけ駒!第5巻 楽天市場でお買い物

▼作品紹介

真剣に将棋に向き合う小学生の宝と、宝に引きずられミーハーながら少しずつ将棋にはまっていく宝の母。親子2人の異なった視点から、将棋のある生活を描いています。渡辺竜王も推薦されています。

『ひらけ駒!』は「モーニング」で連載中。コミックスは講談社モーニングKCから現在第3巻まで刊行されています。

■青木幸子『王狩』

王狩第1巻 王狩第2巻 王狩第3巻 楽天市場でお買い物

▼作品紹介

6歳で将棋を始めた久世杏は、現在奨励会3級。一度見たものは忘れないという絶対的な記憶力を武器に、初の女性プロ棋士を目指して日々研鑽中……。将棋監修は飯島栄治七段。

『王狩』は「イブニング」で連載中。コミックスは講談社イブニングKCから現在第2巻まで刊行されています。

■柴田ヨクサル『ハチワンダイバー』

ハチワンダイバー第1巻 ハチワンダイバー第2巻 ハチワンダイバー第3巻 ハチワンダイバー第4巻 ハチワンダイバー第5巻
ハチワンダイバー第6巻 ハチワンダイバー第7巻 ハチワンダイバー第8巻 ハチワンダイバー第9巻 ハチワンダイバー第10巻
ハチワンダイバー第11巻 ハチワンダイバー第12巻 ハチワンダイバー第13巻 ハチワンダイバー第14巻 ハチワンダイバー第15巻
ハチワンダイバー第16巻 ハチワンダイバー第17巻 ハチワンダイバー第18巻 ハチワンダイバー第19巻 ハチワンダイバー第20巻
ハチワンダイバー第21巻 ハチワンダイバー第22巻 ハチワンダイバー第23巻 ハチワンダイバー第24巻 楽天市場でお買い物

▼作品紹介

プロ棋士を目指していた菅田健太郎は、四段に昇進することができずに奨励会を退会し、自暴自棄になって賭け将棋で毎日をしのいでいた。アマチュア最強を自負していた菅田だが、「アキバの受け師」と呼ばれるメイド真剣師の中静そよに敗北したことから、本格的に真剣師の道を歩み始める……。

『このマンガがすごい!2008年版』(宝島社)オトコ編第1位。

『ハチワンダイバー』は「週刊ヤングジャンプ」で連載中。コミックスは集英社ヤングジャンプ・コミックスから現在第22巻まで刊行されています。

■かとりまさる原作/安藤慈朗画『しおんの王』

しおんの王第1巻 しおんの王第2巻 しおんの王第3巻 しおんの王第4巻 しおんの王第5巻
しおんの王第6巻 しおんの王第7巻 しおんの王第8巻 楽天市場でお買い物

▼作品紹介

主人公・安岡紫音は11歳の女の子。7年前に両親を殺害されるという事件に遭い、その時のショックで失語症になっている。隣家の棋士に養女として引き取られ、自らも棋士を目指しているが、紫音の女流棋士としての名前が高くなると、紫音の周囲で異様な出来事が起こり始める。一方、ライバルの女流棋士たちと対局を繰り広げ、勝負に目覚めて行く過程で、紫音自身も心の奥底に閉じ込めていた両親殺害事件の記憶が徐々に甦ってくるのだった……。

『しおんの王』は「月刊アフタヌーン」連載、講談社アフタヌーンKC全8巻。

南将戦記

▼平成21年4月26日(日)、南丹市園部公民館3F中研修室において第2回口丹波小中学生将棋名人戦を開催しました。当日の模様です。

▼平成20年9月23日(火)、大阪リバーサイドホテルにおいて第8回将棋教室対抗戦が行なわれました。当日のレポートです。

▼平成20年5月18日(日)、京都新聞社において第37回京都少年王将戦が行なわれました。当日の模様です。

▼平成20年4月20日(日)、南丹市園部公民館3F中研修室において第1回口丹波小学生将棋名人戦を行ないました。当日の模様です。

▼平成19年11月24日(土)に第4回都市間交流亀岡市・西京区親善将棋大会が行なわれました。当日のレポートです。

▼平成19年9月23日(日)、京都新聞文化ホールで行なわれた第42回京滋職域・団体将棋大会の予選に、南丹将棋同好会チームが出場しました。南将チームとしての参加は初めてでした。当日のレポートです。

▼平成18年11月26日(日)、亀岡市交流会館において、第3回都市間交流亀岡市・西京区親善将棋大会が行なわれました。南丹将棋同好会も南丹・京丹波チームとしてオープン参加しました。当日のレポートです。

▼平成18年6月18日(日)、南丹市園部町の南丹市国際交流会館第一・第二研修室において第1回南丹アマチュア将棋大会を開催しました。当日の模様です。

▼平成16年9月26日(日)と10月3日(日)は、陳五郎さんと管理人がメディカル王将会チームのメンバーとして京滋職域・団体将棋大会(京都新聞社主催、京都府、滋賀県、京都市、大津市、京都商工会議所後援)に出場しました。当日の模様をレポートしましたのでご覧下さい。※旧園将戦記より

将棋コラム

会則

南丹将棋同好会の会則です。

リンク

当サイトはリンクフリーです。南丹将棋同好会のバナーです。よろしければお使い下さい。

南丹将棋同好会のバナー

Copyright(c) H16〜 TANBA RAKUICHI. All rights reserved.