南丹生活

これより本文

skip

中尾祐蔵『丹のペン〜丹波の時どき』

丹のペン〜丹波の時どき

著者は昭和18年、亀岡市生まれ。同志社大学卒業後、京都新聞社に入り、平成元年から同5年まで園部支局長を務めていた人である。

園部支局は園部の中心部の入口、国道9号線に面したところにある。今でも、この支局の記者が取材しているのを目にすることがあるだろう。

本書は、著者が園部支局長時代に京都新聞の丹波版に執筆した「丹のペン」をまとめたもの。「丹のペン」は丹波エリアの支局長が執筆する丹波ウォッチングのコラム欄である。本書はそのコラムの中から、中尾祐蔵執筆のものを集めて一冊にしたものだ。序文を寄せている京都新聞編集主幹の齊藤修が「このコラム集は、丹波の地を四年間駆け巡ったひとりの記者の、八十通の『恋文』である、と思った。あて名はむろん、丹波一市八町の郷土を愛する人たちである」と述べているが、著者自身のふるさとでもあるこの地域への愛情が滲み出た文章が多い。

題材的には、行政関連、環境や文化、時事問題、市民活動など色々あるが、この時期に口丹波でどのようなことが起きていたのか、振り返ることができる。

内容的には、まさに地域密着である。たとえば、「ところで、園部支局横を流れる天神川沿いの道で、しばしばごみの散乱シーンに遭遇する。路上に出されたビニール袋が犬やカラスの攻撃を受け、散乱しているようだが、どうも夜中から明け方の襲撃らしい。とすれば、夜中にごみを出すのではなく、決められた時間を守ってのごみ出しで、散乱も防げるのではないか。回収のスペースをきちっと守るのも手だ」(平成4年6月1日付)

身近な体験からの啓蒙的な文章の一部だが、地域住民としての視点と新聞記者という客観的に地域をウォッチする視点がうまく混ざり合っている。ちなみに、現在は南丹市もごみ出しが厳しくなり、こういう現象はかなり減った。

読んでいると、地域の記録であるとともに、地域づくりの運動の有機的な部分にもなっていたコラムであったことがわかる。地域にとっての夢や構想のかけらが本書の中に散らばっている。その一方で、夢や構想がそのまま眠ってしまっているケースがいかに多いかということにも気づかされる。

京都新聞出版センター/平成15年初版

更新日 平成27年11月15日

skip

細見均・岡本裕介『里山のこころ〜新しいつながりを生きる』

丹のペン〜丹波の時どき

著者の細見氏は南丹市で30年間小学校教員を勤めた人で亀岡市の里山に暮らしている。岡本氏は兵庫県出身の社会学者で京都学園大学教授。

本書は口丹波にゆかりの二人が、南丹市の里山で新しいタイプの活動をしている人々、関わりをもっている人々を取材した56ページのブックレットである。

エコツーリズムの概念であるウーフ(「世界に広がる有機農場での機会」を意味する)、及びその機会を体験する人々を指すウーファーという用語が鍵になっている。

取材されているのは、南丹市日吉町佐々江の農家民宿「節恵庵」の藤原恵一・節夫妻とウーファーの二人、美山町北の民宿「久や」の主人中野忠樹さん。

人間と生態系が共存して形成された里山の意義が見出され、多くの人が里山に目を向けるようになっている状況があるが、本書ではさらに過疎化が進んだことで田舎の人間関係や社会関係を律する伝統的な拘束がゆるみ、よそ者や都会人にも里山が開かれるようになり、Iターンで里山に住みつく人々や都会から来て里山を歩く人々が増加していることが、里山の新しいライフスタイルを生み出している要因だと指摘している。そして、里山の暮らしにはアイデアを実現できる豊かな環境があり、また、新しいつながりが生まれていくという。

里山の環境と暮らし方が、エコロジーの観点からだけではなく、伝統的な日本を体験できるという観点からも、新しい観光資源になっていることが面白い。そして都会の人々の田舎体験は言うまでもなく、たとえば外国人がそうした環境で日本語を学ぶというような滞在型ツーリズムの場所としての可能性を持っていることなどが理解できる。

田舎の生活そのものが価値になっているのである。大都市志向、経済成長至上主義、自然破壊の方向ではなく、里山というエコロジー的に持続可能性のあるライフスタイルに尽きせぬ可能性があるということがわかる。

クリエイツかもがわ/平成25年初版

更新日 平成27年11月25日

skip

浅野晃一郎『京の山城におこしやす』

京の山城におこしやす

著者は昭和14年に京都市下京区で生まれ、同志社大学経済学部を卒業して金融機関に勤務していた人で、現在はNPO法人京都歴史地理同考会会員としても活動している。父は京都を撮り続けた写真家浅野喜市である。これまでに、金融機関に就職した若者向けに職業意識と人間的魅力、実務性の修得方法などを説いた『新入行員読本 仕事編』(ビジネス教育出版社、平成8年)というビジネス書も出している。

本書は著者が歩いた京都府の山城エリアと丹波エリアの25の山城を紹介したもの。山城(地域)の山城というのもややこしいが、後者は山に築かれた城のことで「やまじろ」と読む。主に中世後期、戦国期に作られ、明智光秀のような著名な武将が築いたものから、無名の土豪が築いた村の城まで色々ある。

著者によると、山城国には46、兵庫県を含む丹波国には約150の山城があるという。本書では山城篇が4城、京丹波篇が21城紹介されている。山城が平地ではなく山地に多いのは当然のことで、上記の数字からもわかるように、丹波は山城が非常に多い。その意味では、この本はほとんど丹波の本と言える。

著者は「ここで取り上げた山城は特定の理由があるわけではない。地図を見ながらこの城跡なら行けそうだと決めたにすぎない」とあとがきで述べているが、南丹市域の城が多く、八木町から八木城、池ノ内城、広瀬城、新庄城、園部町から蜷川城、高山城、黒田城、埴生城、日吉町から塩貝城、美山町から島城、殿城の11城が紹介されていて、21城ある京丹波篇の半分以上を占める。

これをお読みの方の地元にも山城がきっとあると思う。山城は丹波の中世を偲ぶことができる歴史の証人なので、もっと語られてもいいものだと思う。京都では平安京の社寺ばかりを価値あるものと考えがちだが、丹波の山城の歴史は見直されるべきだろう。著者も「村起こしが叫ばれている今日、身近な村起こしが可能な村が多いのではないか」と提言している。巻末に城跡一覧があり、南丹市域は51城が掲載されているので、地元の山城を確認してみるのも楽しいだろう。

文芸社/平成28年初版

更新日 平成28年5月11日

skip

馬渕睦夫『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』

京の山城におこしやす

著者は昭和21年、八木町日置生まれ、富本小・大江中・園部高校を卒業し、京都大学3年の時に外交官試験合格して外務省に入省、キューバ大使やウクライナ大使兼モルドバ大使を務めた人。外務省退官後には防衛大学の教授も務めた。

本書は、2011年の東北大震災の翌年に刊行されており、著者にとって初めての本となる。未曾有の危機の時にも騒ぐことなく団結して対処した日本人に対する感動が著者を駆り立てて本書を書かせたのだが、それとともに、日本はもう一つの国難に見舞われているというテーマでも書かれている。その国難とは、新自由主義によるグローバリズムである。天災という国難は国民性によってしのげるが、グローバリズムは国民性そのものを解体するものであるから、じつはこれこそが真の国難であるというメッセージが伝わってくる。

そのようなグローバリズムの時代であるからこそ、日本人は自分たちのアイデンティティを確かに自覚しなければならないということで、著者が考える日本文化の美点や、大使を務めたキューバとウクライナがいかに自分たちのアイデンティティを守ろうと頑張っているかなどが論じられている。

新自由主義・市場原理主義のグローバリズムが世界を席巻して、文化的多様性を破壊し、これまで国家によって保護されていた各国の国民に格差を生み出し、国内的に自立した暮らしの安定を崩してしまうこと。グローバリズムのネガティブな側面はここにあるが、著者はそうした観点から日本の農業を破壊するものとしてTPPにも反対している。

著者のいう日本文化は、外来文化を排斥するものではなく、それらを自分たちの伝統にあったものに「造り変える力」、つまり土着化するものであるという。また、そうした「造り変える力」の源泉には、「和」と「共生」の思想があるという。「和」と「共生」の思想に合致するものを取り入れる、あるいは合致するものに「造り変える」ということである。この「和」も、権力が穏和な国民を都合良く統治するためのものでは決してあってはならず、著者は福島の原発事故の責任者たちが国民の方を見ずに自分たちの身内の利害だけの論理で動いていたことを「和」の思想に悖るものとして指弾している。

最後に、「おわりに」から一文を引用しておく。

「私自身、日本人の高貴な精神の片鱗に触れ、感動する経験をしたことがあります。今から四年前、母校の京都府立園部高校で講演した際のことです。この講演の内容は本書で縷々述べてきた諸外国の日本に対する高い評価を中心にしたものでしたが、私が感動したのは生徒達の感想文です。生徒たちは私の講演を聞いて、『日本人としての自覚を取り戻した』、『日本のよさを発見した』、『日本に誇りを持てるようになった』、『日本を良くする為に頑張りたい』等々の反応を寄せてくれたのです。これらの感想文を読んで私は大変勇気付けられ、また若者たちの瑞々しい感性に感銘を受けました。そして、日本人のDNAはまだまだ失われていないということを実感しました。生徒たちの溌剌とした心意気は、今回の大震災の被災者の方々に対して示された日本国民の一体感を生み出した精神に通底するものがあります。」

総和社/平成24年初版

更新日 平成28年5月17日

← 前のページリストに戻る | 次のページ →

このページの上へ▲

Copyright(c) H19〜 TANBA RAKUICHI. All rights reserved.

アクセスカウンタ